足の痛みが出る事について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

健康フィットネスの初級(ブロンズ)コースは、

足の裏のみを抑えていきます。

 

中級(シルバー)コースは腰から下、

下半身を抑えていくコースになっています。

 

どうしても心臓から一番遠い足の裏、足指周辺に

滞っている老廃物が、抑えられる事により

血流が良くなったり、神経などに触れる事などして

どうしても痛みを感じます。

 

特に初めて健康フィットネスを体験された方は、

それまでに服用された薬や

かずかずの食してきた食品添加物や

老廃物などがたまっている事が考えられるため

今までに感じた事がない

痛みを経験されるかたも多いでしょう。

 

また、あまり痛みを感じない人がたまにいらっしゃいます。

不思議に思われるでしょうが

このようなかたの方こそ

痛みがあるかたよりも

一層老廃物が溜まってらっしゃるわけでして

硬化してたり、黄色く変色してたり、

タコや魚の目、水虫になってたりします。

 

このようなかたは低体温(36度未満)であったりして

不妊で悩んでらっしゃったり

内臓が弱ってたりします。(ガンも含まれます)

 

このようなかたはまず

柔らかくなるまで

腰から下を足先まで

抑える事を続ける以外にありません。

 

そのため手では疲れてしまい

継続が難しいのです。

 

足や足指で抑える事は

全体重もかけられますので

足やもも、ふくらはぎなどの深い部分にまで

到達が可能なわけなんです。

 

あとは続ける事で

硬化してた部分が柔らかくなるにつれて

痛みが感じてきます。

その後も

痛みがなくなるまで抑えていくだけです。

 

痛みの強さや、期間は、

それまでの生活習慣の裏返しです。

服用してきた薬に量や期間、

経験した病気や手術、怪我からむくみまで

どれくらいかは個人差があります。

 

はっきり言える事は

なんらかの病気がある人は、

健康な人と比較すると

痛がり方が激しいですね。

 

また、太ももやふくらはぎなどで見ると

(足裏もですが)硬い。しかも冷えている。

 

健康なかたは、太ももやふくらはぎなど

力を抜いてリラックス状態だと柔らかく、

力を入れたときのみ硬くなります。

しかも、温かい(冷えていない)。

 

ですから、ふくらはぎや太もも周辺は

静脈で回収できてない血液や

老廃物が溜まっているがために

少し抑えただけで

痣のように出てくる事があります。

痛みも伴いますが

血流が良くなれば消えてきますので

気にせず続けていく事です。

やめるとそれまでの努力は水の泡です。

細胞は3ヶ月サイクルで生まれ変わるというのを

聞いた事ありますが、(骨だったかも)

定期的に(できたら毎日)最低3ヶ月は

健康フィットネスを続ける事で

からだの変化には

相当な違いが出てくると思われます。

 

当協会の

薬に頼らない健康法、

健康フィットネスは

代替医薬であり

予防医学なのです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

おかの 哲 の メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール
○お問い合わせはこちら

ページ上部へ戻る