急性腰痛時にこそわかる自然治癒力

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

実にひとのからだは良くできていますね。

 

テレビなんかでも

紹介されたりして(いたかもしれませんが)、

以前に比べると浸透してきたのかもしれませんね。

 

 

クライアントさんからの相談を受けた時の

言葉も変わってきましたしね。

 

腰が痛い時はどうしても安静にしたくなりますね。

一番の早道は

重いものを持たないように

ただ日常の生活を送る方がいいようですね。

 

以下は、予防科学研究所のホームページ

修正してて、以前アップしてたものの中からのチョイスです。


人間の腰は動かすように出来ている

通常の活動に戻るのが

早ければ早いほど

腰の状態も早く改善する。

最善策は、

痛みがあっても身体を動かし、

普段どおりの日常生活を続けることである

http://1.usa.gov/12Nesga


急性腰痛患者186例を対象とした

RCT(ランダム化比較試験)に

よると、

安静臥床群、ストレッチ群、

日常生活群のうち、

最も早く回復したのは日常生活群で

最も回復が遅かったのは、安静臥床群だった。

腰痛に安静第一は間違い。

むしろ回復を妨げる。

http://1.usa.gov/mOolz9


1966年~1996年に

発表された急性腰痛患者に対する

アドバイスに関する論文をレビューした結果、

安静臥床は効果がないばかりか

回復を遅らせるが、

日常生活を続けると職場復帰が早く

慢性化を防ぎ、

再発率も低下することが判明。

http://1.usa.gov/iKlS4V


【この指針に従えば必ず楽になる】

出来るだけ普段どおりの

生活をすること。

そのほうがベッドで

安静にしているよりずっと良い。

毎日身体を動かすこと。

それで症状がひどくなることはない

ただし重い物を持つことだけは避ける。

http://1.usa.gov/12Nesga


ただ腰痛の中には、ウイルス性の感染や

内臓の疲れ、病気の注意信号として

現れることもあります。

 

一定期間たっても腰の痛みが変わらなかったり、

腰痛と一緒に発熱や嘔吐(吐き気)、

下痢や血便、血尿や激しい腹痛がある場合は、

専門の医療機関ご利用をオススメいたします。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメントは利用できません。

おすすめ記事

おかの 哲 の メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール
○お問い合わせはこちら

ページ上部へ戻る