Sole to Soul! プラチナコース・認定講師について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 

Img_a7acccb29f398eee392638797f110744

「“一家にひとり”Sole to Soul! インストラクター”を!」という

理念に共感いただき、

”Sole to Soul! ※” という一生ものの「技を身につけて」

この素晴らしい”足技”を広めてくれる仲間を募集しています。

さらに、あなたも当協会の”認定講師”となり、

   

       一緒に活動しませんか?

認定講師になっていただいた あなたには、

当協会がバックアップしていき、様々な活躍の場を提供します。

たとえば……

・当協会の認定講座に登壇(認定講座を開催)することができます。

・ご自身が実施しているセミナー・講演コンテンツと

組み合わせて、「独自講座」を実施できます。

・当協会が開催する勉強会・講習会に参加することができます。

・世の中に足圧健康法を広めたいと思う仲間と一緒に学ぶことができます。

・あなたを軸とした、足圧療法師および足圧健康法認定講師の輪が広がります。

・現在の収入源のほかに、施術収入かつ、講師料収入を得ることができます。

・受講生は全員保険に入っていただいているので、万一の場合にも安心です。

 

 

※Sole to Soul! とは、第二の心臓とも言われる足裏から

全身各所を「押さえ手(足圧療法師)」が足で押さえていく足技療法です。

手では通常、1日数人しか施術することができませんが、

Sole to Soul! は、足の点・線・面を使い分け、各々の「押さえ手」の体重により、加圧も

手で押さえていく以上に容易で、かつ疲れにくいのが特徴です。

その結果、

「押さえ手(=施術者)」は、先に述べたとおり、

手で押さえていくより多くの人数をこなすことができます。

かつ、足(第二の心臓)のみで押さえていくため、

人数をこなすほどに、

「押さえ手」も一緒に健康になっていくという特殊技術です。


FAQ

Q:認定講師とは何ですか?

A:当協会のカリキュラムを使った講座に登壇(講座を開催)できる資格のことです。

当協会の講座を受講し、試験に合格すると認定講師の資格を付与されます。

難易度により、Ⅰ級・Ⅱ級・Ⅲ級に分かれています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Q:講師経験がなくても、認定講師になれますか?

A:講師経験は必須ではありません。

しかし、人に教えるために必要な知識と、

講師にふさわしい振る舞いなど講師力が求められます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Q:講師力が不足している場合、トレーニングを受けられますか?

A:別途、当協会主催での講師力アップ講座を実施する予定です(有料)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Q:認定講師になった場合、活動ノルマはありますか?

A:「年間◯回、登壇しなければいけない」などのノルマはありません。

ですが、知識維持・向上のために

定期的に勉強会に参加していただく必要があります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Q:認定講師になったら、いくら稼げますか?

A:入門講座を開催した場合、その講座収入100%を講師が受け取ります。

ブロンズ・シルバー・ゴールド の各コース講座を開催した場合は、

講座収入の60%を講師が受け取ります。

ただし、あくまでも当協会の理念に共感し、「Sole to Soul! 」をとおして

他人の役に立ちたいと考えるかたのみ、認定講師各試験に合格できます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Q:認定講師になったら、すべての講座に登壇できますか?

A:いいえ、取得した認定資格によって、登壇できる講座が異なります。


ifp151

Copyright (C) 2014 copyrights. International Foot Pressure-therapists AssociationAll Rights Reserved.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おかの 哲 の メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール
○お問い合わせはこちら

ページ上部へ戻る